カウンターのお寿司屋さんって敷居高そう、特に予算が

ドラマや映画に出てくるような、高そうなカウンターのお寿司やさんってなんだか敷居が高そう。そのうように感じる方は少なくはないのではないでしょうか。昨今は回転寿司店が多いので、結局妥協してそっちにながれちゃうことが多いのではないでしょうか。

しかし、やはり上野などのカウンターのお寿司やさんというのは憧れますよね。男性なら特に、一生に一度は行ってみたいものだと思ってる方は多いと思います。敷居が高い、と感じる1つの大きな要因としては、「料金が高そう」というものがありますね。回転寿司やさんとは違って、いま自分がいくら分押す寿司を食べたか分からない、というのはカウンターのお寿司屋さんの特徴のひとつですね。

しかしこの問題は、案外すぐに解決できます。方法は簡単。①予約を電話で取る。②その際に予算を言っておく これだけです。予約を取るなんて・・・と思う方もいるかもしれませんが、お店側からすればむしろ初見さんには予約を取ってもらったほうがやりやすいです。

もしも、予約の電話をいやがる、あからさまに悪い態度を取るようなお店であれば、予約の電話を入れる時点で違うお店に変えればいいわけですし。予約の際に予算を言っておけば、「おまかせ」ならば少なくとも予算の2倍になることもないでしょうし(僕の経験では、いってもせいぜい予算の2割増し程度です)、上野の寿司では「お好み」なら店主さんも予算を配慮してくれます。どうでしょう、カウンターのお寿司屋さんの敷居がかなり下がったと思いませんか?まずは電話予約からはじめてみましょう!

SNSでもご購読できます。